女性 抜け毛 更年期

女性は更年期で抜け毛になる?

 

程度の差はあれ女性にとって更年期障害はいつか乗り越えなければならない問題です。しかし、女性の抜け毛を助長させるということを知らないと、女性にとって命とも言える髪の毛が薄くなってしまいます。

 

なぜ、そんなことが起きるのかというと、更年期になると女性ホルモンが減少するのです。更年期障害は卵巣の機能が衰えて閉経を迎えつつあるころから現れる症状です。卵巣の機能が衰えれば女性ホルモンの分泌量は激減して、体に様々な不調をもたらします。

 

減少する女性ホルモンの一つ、エストロゲンは髪の毛の成長を促進する働きがあり、量が減るということは髪の毛が成長しない休止期が長くなってしまうし、新たに髪の毛が生える成長期になっても伸びにくくなるのです。この状態が長く続けば、やがて女性の抜け毛へと繋がります。

 

更年期を迎えてストレスが溜まる

 

それにもうひとつの要因として考えられるのはストレスです。更年期障害の代表的な症状として焦燥感や不安感、抑うつ、イライラといったことがあります。些細なことでもストレスが受けやすく、それが自立失調症にもなってしまうのです。

 

自律神経失調症は交感神経が活発になっている状態で、血管は収縮して血行が悪くなりがちです。髪の毛が成長するためには、頭皮の毛細血管から栄養や酸素を、髪の毛の源である毛母細胞に供給しなければいけません。

 

それが出来ないとなれば、毛母細胞は細胞分裂で髪の毛を作ることができなくなり、毛はやせ細り抜け毛へと至るのです。

 

更年期を向けえた時の抜け毛対策

 

これをなんとかしたいと考えるならば、まずエストロゲンの減少による不調を解消するために、エストロゲンをつくるために必要な栄養を摂取するように心がけたり、エストロゲンに極めて近い大豆イソフラボンを摂取することで、症状を軽減するようにしましょう。

 

ストレスについては、運動や趣味など解消する取り組みが必要です。

 

同時に育毛をしていくことも効果的です。たとえば女性用の育毛剤では、頭皮の状態を改善するために、血行を良くする成分が含まれているものが多くあります。毎日の手入れを繰り返していくことで、女性の抜け毛が起きにくくすることは可能です。

 

女性ホルモンを整えるサプリメント