女性 抜け毛 FAGA

FAGAとは?

 

FAGAは女性の抜け毛の原因として認識が広まっています。これは男性の薄毛の原因でもあるAGAの女性バージョンであり、女性の髪を弱くさせてしまう最たる脱毛症です。

 

男性ホルモンが作用する

 

薄毛を促進する根本的な問題には男性ホルモンの存在が挙げられます。男性ホルモンには脱毛を促進させてしまう作用もあるため、男性ホルモンを多く持つ男性は薄毛リスクも高まります。そして女性の場合でも男性ホルモンを有していますので同様にリスクを持っているのです。ストレスや生活習慣の乱れ、出産、更年期などによってホルモンバランスが乱れてしまいますので、こうした要因が多い人ほど薄毛リスクも高まります。

 

FAGAは男性のAGAと異なる

 

しかしながらFAGAは男性の症状と違っているところもあるのです。男性の場合は局所的に薄くなってしまうことがありますので、頭皮の露出も顕著になることがあります。

 

ところが女性の場合はそういった薄毛になることは少なく、女性は全体的に毛髪がボリュームダウンします。そのため脱毛の症状が出ていることに気付かない場合もあるのです。ですから人によっては症状が重くなってからようやく気付くこともあります。

 

対処法にも相違点が見られますが、男性のAGAの場合は男性ホルモンの影響を抑制するための内服薬を用いて対策をすることができます。一方の女性の場合は同じ薬を使うことはできません。

 

FAGA対策

 

女性でもFAGA用に使用できる内服薬も登場しています。栄養補給をするための薬ですので男性用とは機序が違っていますが、臨床試験で薄毛の回復効果も確認できているれっきとした治療薬です。そのため女性の場合でも内服薬による対策は可能です。
なお、外用薬による対処法もありますが、外用薬に関しては男性も女性も共通して同じ物を利用することができます。女性は男性と比べて頭皮がデリケートですので有効成分の濃度が低めになってこそいるものの、性別は関係なく一定の効果を示すことが明らかになっています。そのため薄毛を回復するためのひとつの手段として外用薬も選択可能です。