女性 抜け毛 脱毛症

女性の脱毛症の種類

 

薄毛ときくと、それなりに高齢の男性などのイメージもありますが、女性でも抜け毛が増加することにより、薄毛になることがあります。女性の抜け毛が増加してしまう原因などを考えていきましょう。女性の脱毛症には、いくつかの種類があります。

 

どのような脱毛症であっても、ある程度生活習慣などの見直しなどをして、抜け毛につながる悪い生活習慣などがある場合には、改善していくことを心がけましょう。

 

女性男性型脱毛症

 

まず一つ目は、女性男性型脱毛症です。これは、女性の抜け毛増加により、髪全体が薄くなる症状を引き起こします。原因としては、さまざまなものが考えられますが、生活習慣の改善、食生活の改善、そしてストレスの解消をしていくことで、ある程度進行を遅らせたり、改善が見られる可能性もあります。

 

円形脱毛症

 

次に円形脱毛症です。これは、自己免疫疾患、自律神経などの乱れなどが原因の場合もあると考えられています。また、ストレスなどにより誘因される可能性もあるのではないかと考えられています。

 

円形に脱毛が起こるというのが特徴といわれています。また、円形脱毛症の場合には、回復するのも早い傾向もありますが、再発もしやすいというのも特徴といえるでしょう。

 

対策としては、生活習慣の改善、ストレスを改善していくことも大切です。また、再発など起こる場合には、医療機関での治療をしてもらうということも考慮するといいでしょう。

 

牽引性(けんいんせい)脱毛症

 

女性の場合には、髪の毛をゴムでたばねたり、髪の毛を結う方もいます。それを繰り返していることで、毛根などに負担をかけることになり、それが原因で抜け毛増加につながることもあります。

 

このような場合には、分け目などを少しかえてみたり、毛根にできるだけ負担がかからないようなヘアスタイルにかえてみることで毛根へのダメージを減らすといいでしょう。

 

分娩後脱毛症

 

また、女性特有の抜け毛増加につながる場合として、産後のホルモンバランスの乱れが原因のものがあります。妊娠中、そして出産するという過程において、ホルモンの量なども変化します。

 

そのため、産後、一時的に、抜け毛が増えてしまうこともあります。これは、ある程度の期間、きちんとした生活を送ることで、徐々に改善されていくものではあります。しかし、産後は、体力的な面においても、精神的な面においても、疲労、そしてストレスなどがたまりやすい状況であり、きちんと休息をとったり、生活リズムを整えて、食事なども栄養をしっかりと補える生活状況などを維持していくことが大切です。